尿モレの対策

尿モレの対策方法
を知ろう

尿モレの正しい対策を取ることで日々の不安を減らすことができます。
このページでは吸水ケア専用品の選び方や尿モレ改善のためのトレーニング方法について
ご紹介します。

尿モレ対策の吸水ケア専用品の選び方

尿モレに悩む多くの方が、生理用ナプキンやおりものシートなどの代用品で対処しています。
形状は似ていても、経血やおりものに対応する商品と尿を吸収する吸水ケア専用品では、
吸収体の構造が大きく異なります。吸水ケアをする際は専用品を選ぶことで、
安心して尿モレの対策をすることができます。

  • パンティライナー

    パンティライナー

    こんな方におすすめ

    下着のキレイを保ちたい

    おりものシートでは
    不安な時がある

    尿モレ以外におりものや
    ニオイもまとめて1枚で
    ケアしたい

  • 吸水ナプキン

    吸水ナプキン

    こんな方におすすめ

    はじめて吸水ケアをしたい

    少しの量の尿モレが気になる

    もしもの尿モレに備えたい

  • 吸水パッド

    吸水パッド

    こんな方におすすめ

    尿モレの頻度が増えた

    長時間の移動などで
    トイレが不安

    一度に多めの量の尿モレが
    気になる

ポイズの製品情報を見る

骨盤底筋群エクササイズで尿モレ対策

女性のからだは、出産や加齢で骨盤底筋が緩みやすくなっています。
簡単なエクササイズをするだけで、
骨盤底筋の力を高めることができるんですよ。

骨盤底筋の探し方

骨盤底筋と言われても、どこに力を入れればいいか、わかりませんよね。そんなときは、お
しっこをするときに途中で尿を止めてみてください。そのときに力が入るところが骨盤底筋。
よく分からない人は、肛門を締めるようにすればOK。

1 寝る前のエクササイズ

1あおむけに寝て足を肩幅くらいに開き、
ひざを立て
ます。

2からだの力を抜いて、おへその下に意識を集め、
そのまま骨盤底筋に力を入れて5秒間締めます。
これを20回くり返します。

寝る前のエクササイズ

2 座ったままのエクササイズ

1椅子に座って、足を肩幅くらいに開きます。

2背すじを伸ばして、顔は正面に。

3からだの力を抜いて、おへその下に意識を集め、そ
のまま骨盤底筋に力を入れて5秒間締めます。これ
を20回くり返します。

座ったままのエクササイズ

3 机を使ってエクササイズ

1足を肩幅程度に開き、両手も肩幅程度に広げて、机
などにつきます。体重を机にあずけてもたれたら、
背すじを伸ばして顔は正面に。

2からだの力を抜いて、おへその下に意識を集め、そ
のまま骨盤底筋に力を入れて5秒間締めます。これ
を20回くり返します。

机を使ってエクササイズ

4 “ながら”エクササイズ

1床にひざをつき、ひじを立てて顔を乗せます。

2からだの力を抜いて、おへその下に意識を集め、そのまま骨盤底筋に力を入れて5秒間締めま
す。これを20回くり返します。

ポイント

1エクササイズ中は呼吸を止めないようにしましょう。

2骨盤底筋以外には力を入れないようにすると、効果が高くなります。

3骨盤底筋に力を入れ続けることが難しければ、途中で締め直せばOK。筋肉がついてくる
と長く続けられるようになります。

4なるべく毎日、朝・昼・夕・夜の4回を習慣にするといいですね。

お悩みに合わせた
骨盤底筋群エクササイズを公開中!

監修:独立行政法人 地域医療機能推進機構 東京高輪病院 泌尿器科 部長 医学博士 石原順就先生

ポイズ選び方診断 ポイズ選び方診断

インフォメーション

※病気に関するご相談は
ご遠慮いただいております。