• 検索
  • メニュー

病院への相談方法

「尿モレって、何科を受診すればいいの?」「症状はどうやって伝えるべき?」
ここでは、そんな疑問にお答えします。尿モレといっても風邪や腰痛などと同じ。
気軽に病院に行って相談してみましょう。

プレステップ

尿モレの症状があっても、通院をためらう人は多いもの。でも、そのままにしていても、症状はなかなか改善されません。
「まずは相談」のつもりで、リラックスして病院を訪ねましょう。

ステップ1 排尿日記をつけましょう

排尿日記とは、1日に何回、どのくらいの尿が出たかを記入するシート。
自分のからだのリズムや排尿パターンを知ることで、自分の膀胱の容量など排尿システムの状態がわかり、
医師の診断の際にも参考になります。

排尿日記のダウンロード(PDF)

※排尿日記を表示するにはAdobe Readerが必要です。

尿のはかりかた

尿の量はなるべく正確にはかるため、500ccの計量カップを使用しましょう。または、ファストフード店の大きめの紙コップなどに50ccごとに線を引いて使ってもいいでしょう。個人差はありますが、理想的な1日の尿の量は1500ccほどなので、目安にするといいでしょう。

[印刷方法]

※A4で印刷してください。

Windowsの場合
排尿日記をダウンロード → PDFを開く →左上のメニュー「ファイル」から「印刷」をクリック

Macintoshの場合
排尿日記をダウンロード → PDFを開く → 左上のメニュー「ファイル」から「プリント」をクリック

ステップ2 病院を探しましょう

あなたの症状や状況に応じて、行く病院を選択しましょう。必ずしも大きな病院にいく必要はありません。
負担無く通える病院やこれまで受診したことがある病院のなかから、自分に合ったところを探しましょう。

女性泌尿器科ならより安心

近年は、女性の骨盤底疾患を専門的に扱う「ウロギネセンター」や「女性泌尿器科」を設置する病院も増えてきました。ウロギネセンターとは、「ウロ(ウロロジー)=泌尿器科」「ギネ(ギネコロジー)=婦人科」を意味しており、ちょうど両科の中間の性質を備えています。近くにそういう病院があれば、受診を検討してみるのもいいでしょう。

ステップ3 症状と改善イメージを伝えましょう

ステップ1で準備した排尿日記を持って、医師に自分の症状を伝えます。
その際、現在の自分の状態や治療を受けてどうなりたいかを具体的に伝えられるように、
下記の項目についてメモを作っていくといいでしょう。医師と改善したいポイントを共有し、
自分に合った治療を受けるためには大切なことです。

尿モレはいつごろから始まった?
ここ2~3年で起きるようになり、最近はそれがさらに頻繁になった、など。
どんなときにモレる?
寒い日にもれやすい、運動するともれる、など。
モレるときのようすは?
動いたひょうしにちょろっと出る、トイレに間に合わずドバっと出てしまう、など。
尿モレで不安に思っていることは?
深刻な病気ではないか、現在服用している薬のせいではないか、など。
治療を受けてどうなりたい?
トイレに行く回数を減らしたい、これまでどおり運動したい、など。
どんな治療を望む?
薬で治るなら服用したい、手術を受けてでも治したい、など。

受診した結果、尿モレの原因やケア方法が分かるはず。
先生のアドバイスを受けながら、尿モレの症状軽減のためのケアにも取り組みましょう!

簡単にできるケア方法はこちら

INFORMATION

  • 製品に関するお問合わせ 03-6665-5303
  • 尿モレに関するご相談 03-6870-2722
  • ポイズのご購入は クレシアオンラインショップ
メールでのお問い合わせ
TOP