「ポイズ®ピラティス」とは…

ピラティスは、インナーマッスルと呼ばれる体の中心となる体幹部に働きかけることによって、中枢神経の思考回路を変え、体本来が持つストレッチ能力を呼びさますエクササイズです。 19世紀初期に、ドイツ人のジョセフ・ピラティスによって負傷兵のリハビリ用トレーニングを目的として考案・開発され、海外ではリハビリや健康増進として医療機関でも用いられています。

ピラティスは、ヨガ、エアロビクス、その他の運動と比較して、体への負担が非常に少なく、体の歪みを矯正しながら筋肉を鍛え、柔軟性をもたらすという効果があります。長年の生活習慣から生じた骨格の歪みを正常な状態に戻していくことにより、腰痛、肩こりの症状が緩和され、深い呼吸によって、新陳代謝の働きが良くなり、免疫力が強化されます。

ピラティスは、体の内側から引き出される自然治癒力が最大限に発揮されることから、病気の予防になり、さらには健康増進につながります。

【効果・効能】 ○骨盤底筋の強化(尿モレ予防や改善) ○腰痛、肩こりの緩和 ○体の歪み矯正 ○新陳代謝を高める ○免疫力強化

中野 万知子
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 ピラティス・トレーナー
中野 万知子

1982年宝塚音楽学校入学、1984年 宝塚歌劇団入団 雪組 風見玲央として活躍し、ラジオシティミュージックホールでのニューヨーク公演などに出演。退団後に、ロンドン留学で、ピラティス、バレエ、ダンスを学ぶ。2002年より 夫の赴任とともにヨーロッパに在住して、ピラティス・インストラクターとしての経験を積む。第2子を出産した経験により、マタニティーライフにピラティスの必要性を実感し、帰国後、Peak Pilates Comprehensiveも取得。2007年、ピラティス・スタジオ PILATES・STUDIO・MACHIKO(東京都目黒区駒場)を開設。

ポイズピラティストップページへ