骨盤底筋の重要性とは…

骨盤底筋ってどこにあるの?
骨盤底筋ってどこにあるの?
骨盤底筋と言われてもどこにあるのか知らない人も多いですよね。そんな時はおしっこをする時に途中で尿を止めてみてください。そのときに力が入るところが骨盤底筋です。

骨盤底筋とは、骨盤の底にあり、子宮、膀胱、直腸などの臓器を下から支える大切な筋肉です。
しかしながら、女性は、出産や加齢により、骨盤底筋が疲労したり、緩んだりすることで、恥骨や坐骨といった骨のバランスが崩れがちです。

骨盤底筋が緩むと内臓器官が下に落ち込み、大腸や血管を圧迫します。そのため血液の流れが悪くなり、冷え症やむくみ、便秘が生じがちです。また、尿もれや頻尿が治らなくなったり、子宮脱や不感症、不妊症などにもなりやすくなります。

特に出産後の女性が抱える、下腹部のたるみや下半身太り、骨盤の歪み、肩こりや腰痛、体重が戻らないといった体の悩みの多くは実は骨盤底筋の緩みが原因であることはあまり知られていません。

このような女性特有の体の悩みは、骨盤底筋を強化する運動によって改善、解消することができるだけでなく、予防することもできます。 中でもピラティスは、骨盤底筋の強化に効果的なエクササイズです。

できるだけ早いうちから、しなやかで強い筋肉を作ることは、病気を防ぎ、将来健康でいるためにとても重要です。もっと健康に、もっと自分らしくあるために、手軽にできる「ポイズピラティス」をぜひ毎日続けてみてください。

対馬 ルリ子
産婦人科医 医学博士 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 院長
対馬 ルリ子

1984年、弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助教、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院。2003年には女性の心と体、社会とのかかわりを総合的に捉え、健康維持を助ける医療(女性外来)をすすめる会「女性医療ネットワーク」を設立、全国600名の女性医師・女性医療者と連携して活動している。2011年女性ライフクリニック銀座及び新宿を開設。女性の生涯にわたる健康のためにさまざまな情報提供、啓発活動を行っている。書著に『キレイな〔からだ・心・肌〕女性ホルモン塾』(小学館、共著)など。東大助産学非常勤講師。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長。

ポイズピラティストップページへ