• 検索
  • メニュー

からだの変化で起きる尿モレ

出産や加齢などによるからだの変化に伴い、
尿モレを経験する方は多くいます。
早めの対処で、いきいきと年齢を重ねていきましょう。

妊娠中・出産後の方

妊娠中・産後の尿モレは当たり前! 「くしゃみをした拍子に…」「重い荷物を持ち上げたら…」こんなときに尿モレを経験する妊婦さんは多いようです。これは妊娠にともなう生理現象なので、心配したり、恥ずかしく思うことはありません。

妊娠初期 (~16週ごろまで)

少しずつ大きくなる子宮に膀胱が圧迫されて容量が小さくなるのと、妊娠によって血液量が増え、腎機能が高まることで、尿が排出されやすくなり、頻尿で悩まされる人は多くいます。

また個人差はありますが、妊娠時に分泌される黄体ホルモンの影響で、子宮や膀胱の筋肉が緩みやすくなっているため、妊娠初期から尿モレに悩まされる妊婦さんもいます。

ケア方法

妊娠中は尿路感染を起こしやすくなっていますから、尿意を感じたらその都度トイレに行って、膀胱をからっぽにしておきましょう。
また、トイレが近いからといって、水分摂取を控えるのも考えもの。赤ちゃんに血液を送るために血液量が増えているので、小まめな水分摂取を。ただし、夜間の頻尿に悩まされる場合は、就寝3時間前ごろから水分を控えるといいでしょう。

妊娠後期 (28週ごろ~)

骨盤内に下降してきた赤ちゃんの頭によって膀胱が圧迫され、頻尿になりやすくなります。人によっては反対におしっこが出にくくなる場合もありますが、それも赤ちゃんの頭が妨げになっているからです。

出産が近づくと、大きくなった赤ちゃんや羊水などで、子宮の重さは5kgを超えます。この重みで骨盤底筋が引き伸ばされるため、お腹に力が入ったときに尿モレしやすくなるのです。

ケア方法

骨盤底筋群エクササイズをすると、尿モレの緩和に効果的です。分娩時のダメージを抑えたり、産後の回復をスムーズにするのにも役立ちます。
骨盤を支える妊婦帯を着用するのも、工夫のひとつ。子宮のぐらつきが軽減され、膀胱への圧迫が緩和されます。
将来、尿モレや骨盤臓器脱にならないように、妊娠中に太りすぎない、分娩時は医師や助産師さんの指示に従っていきむなど、お産のときはなるべく骨盤底に負担をかけないようにするのも大切です。

出産後

出産直後は、骨盤底のダメージからまだ回復していません。分娩によって骨盤底筋が伸びきるため、尿道を閉めにくくなり、尿モレしやすい状態にあります。また、分娩で神経組織がダメージを負う場合もあり、尿意を感じなかったり、おしっこが出にくくなったりするケースも。

でも、心配はいりません。これらの症状は、出産後3~4カ月たって骨盤底が回復してくると、ほとんどの方は自然におさまります。

ケア方法

出産で受けたダメージから早く回復するために、産後1カ月は、赤ちゃんのお世話以外はなるべく横になって過ごしましょう。無理に立ち上がったり動き回ったりすると、それだけ骨盤底に負担をかけることになります。
6~8週間が過ぎ、からだが回復してきたら、ポイズピラティスがおすすめです。尿モレ対策はもちろんのこと、産後のボディラインを整える意味でも効果的です。
出産を経験した女性は、中高年になったときに尿モレのリスクが高くなります。エクササイズは、今後の尿モレ予防にもつながります。

更年期の方

女性ホルモンの変動

更年期が訪れると、女性ホルモンの分泌量が減って、次第に子宮や卵巣が小さくなっていきます。生理周期で開閉をくり返していた骨盤はゆるやかに開いていき、完全に開ききると閉経を迎えます。
また、尿道の粘膜や周辺組織の弾力が失われるため、尿モレや膀胱の違和感、頻尿を起こしやすくなります。

からだの変化に伴い、精神的にも不安定になる方が多いようです。突然の尿モレにショックを受けて、尿意がないのにトイレに何度も行ったり、旅行や外出を控えたり…。
あまり神経質にならず「尿モレはみんなの問題」と大らかな気持ちで受け止めることも大切です。

ケア方法

尿モレは誰にでも起こりうるもの。だからこそ、快適に過ごすための対処が必要です。吸水ケア専用品は、吸収力や消臭機能に優れているため、安心して過ごせます。
病院での治療法もありますので、専門医に相談してみるのも良いでしょう。

骨盤底筋の緩み

中高年になって筋力が落ちてくると、膀胱や尿道を支える力も低下します。
骨盤底筋が緩んでたわむと、膀胱を支えきれず、お腹に力を入れるごとにグラグラ動くように。すると、尿道が開いて尿モレを起こします。

とくに出産を経験した女性は、骨盤底筋に大きな負担がかかっていますから、要注意です。尿モレに悩む女性の約9割が出産経験者だといわれています。

ケア方法

骨盤底筋群エクササイズで骨盤底筋を鍛えると、膀胱のグラグラが安定しますので、かなりの効果を望めます。
吸水ケア専用品での対処と併せて、エクササイズをおこない様子を見ましょう。1年ほど続けても改善しない場合は、専門医への受診を。内服治療やからだに負担の少ない手術での改善が見込めます。

骨盤臓器脱

50~60代以降の女性に多いのが、「骨盤臓器脱」という病気。あまり聞いたことがないかもしれませんが、非常にありふれた病気です。

骨盤底筋が緩むことで膀胱や子宮、直腸の位置が下がり、膣から外へ出てくるというもの。膀胱や尿道が安定しないため、おしっこが近い、おしっこが出にくい、尿モレする、便が出にくいなどの症状が出ます。

ケア方法

骨盤臓器脱になる女性の95%は出産経験者と言われますから、出産を経験された方は、骨盤底筋に不調がなくても40歳を過ぎたら骨盤底筋群エクササイズでのケアがおすすめ。
股間に何かが挟まっているような違和感を覚えたり、膣から何かが出ているような場合は、専門医の受診を。

そのほかの原因

子宮筋腫や子宮がんなど、女性特有の病気によって排尿トラブルが起きるケースもあります。筋腫などで子宮が大きくなって膀胱が圧迫されたり、子宮の周囲の炎症によって膀胱が刺激されたりすると、頻尿や尿モレが起こりやすくなります。
また、子宮筋腫で手術をしたあと、膀胱や尿道の位置が変わったために、おしっこが出にくくなったり、痛みが出たり、尿モレが起きたりするのもよくあるケースです。

ケア方法

手術をして排尿トラブルが生じた場合は、大抵2~3カ月して傷が治ると、膀胱や尿道も新しい環境になじんできます。それまでは、調子が悪くてもお腹に力を入れていきんでおしっこをするのは避けましょう。尿モレの悪化につながります。
また、尿道を緩める薬もありますから、医師に相談してみるのがいいでしょう。

選び方診断

INFORMATION

  • 製品に関するお問合わせ 03-6665-5303
  • 尿モレに関するご相談 03-6870-2722
  • ポイズのご購入はこちら オンラインショップ
メールでのお問い合わせ
TOP